欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

年末に沢ジる!【グランドセイコー SBGA211】いや沢ジらない!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ にほんブログ村 お笑いブログへ

「名刺入れをお盆にして名刺を受け取る」

「名刺は相手よりも低い位置で差し出す」

小売業に従事しながら凄腕コンサルを目指す私の座右の銘です。ははーとなりますね。

社命でその手の講座に出席しますと

「褒めるのは人づてに

注意や指導は直接、本人に」

などという話もよく出ます。

「褒めるのは人づてに」というのはまあ日本的ではありますが、【注意や指導】は直接、本人にするべきというのはユニバーサルではないでしょうか?

注意は本人”のみ”にという場合もありますが、本人のみの注意を実践すると、他の人が同じミスを繰り返すのを防ぐためになりません。まず本人に注意し、当人を特定しないようなやり方で共有する。というのが適当でしょうか。しかし、なかなか面倒くさいですね。

まあ、鼻っから、指導や注意をしませんという偉い人達もいますが、そんなのは論外。注意や指導ができなければ、部下に仕事を任せられないだろうに。

 

GRAND SEIKO

SBGA211

620,000円+税

ムーブメント:スプリングドライブ

外装:ブライトチタン

ガラス素材:デュアルカーブサファイア

雪の結晶をイメージした文字盤が特徴

雪の結晶をイメージした文字盤が特徴

こーとしー

さーいしょのー

ゆきのはーなをー

 

今年最後。特選時計を一点。

これは限定ではないのですが、定番中の定番。グランドセイコー で迷ったならば、これを購入しておけば間違いありません。

SBGA211

グランドセイコーSBGA211

SBGA211

メーブメントはスプリングドライブ

www.grand-seiko.com

で機械式とクオーツのハイブリッド。

ステンレスの倍の強度ながら約30%軽量のブライトチタンケースは、毎日の着用に負担がない。

そして、この飽きのこないデザイン。

SBGA211の文字盤と青い針

きれいな文字盤。どのように加工するのだろう

針は日本刀のように高温で熱することにより発色する深いながらも鮮やかなブルー。青針の美しさを際立たせる白い文字盤は雪の結晶、そう、まさに雪の華がモチーフです。

鮮やかなブルーの焼き針

鮮やかなブルーの焼き針

純白の文字盤と鮮やかなブルーの針のコントラスト。

nakaishu.hatenablog.com

雪の結晶とは粋だなあ。

そう

こーとしー

さーいしょのー

◯◯の◯ー◯をー

風呂上りに、中島美嘉よろしく裸足を踏ん張り裸で熱唱する小学生の息子を見て、笑ったら妻に睨まれた。

「あれ、知らないの、注意するなら本人に直接するのがユニーバース」

そう言いたかったがやめた。

年末の争いは詮無きこと

私が注意をしようじゃないか

「こりや、そんな下品なことはやめなさい。どうせそんなのは配信者か芸能人。木村君の真似だろう。くだらんな。お父さんはそんなこと、、、んっ!」

えっと目を剥く息子を見て、先日の記憶が蘇った。

その日、妻は腐女子会とやらで子供たちの夕飯を作って、そそくさと出て行った。私の分はない。私は解放されたのだ。行きつけの中華料理店「牛海」の汚いカウンターで、酒を飲んだ。解放され、酒で中華の油を喉の奥に流し込んで、うんと酔っ払った。

そして、覚醒した。沢ジッた。いや、沢ジらない。酒をしこたま飲んで酩酊し、そのまま2,3時間経つと妙に何かシャキッとする感じを皆さんは経験したことはないだろうか。あれだ。

気がつくと外のベンチで寝ていた。まだ、夜の9時だ。よしっ帰ろうと足取りも軽い。歩きながら冬の歌を歌った。酔ってなんかいない。覚醒したのだ。

家に着き、子供たちが無事に食べ終えダラダラしているのを確認してホッとする。妻はまだいない。風呂の準備ができていることに気を良くして、服を脱いで歌う。

これだ!

🎵こーとしー さいしょのー🎵

🎵こーとしー

さーいしょのー

◯ツの◯ーなをー🎵

 

この時に作られた歌詞、裸足を踏みしめ音階に合わせて手を上下に揺り動かすあのスタイルが、愛息によって蘇る。

「いいぞっ!」

 

🎵こーとしー

さーいーごのー

ケ◯ーあー◯ー🎵

 

ああ、小さな体から湧き出る躍動感。年末を優しさで包むこのメロディ。もう大丈夫。日本はいける、ONE TEAM。さようなら令和元年。こんにちは令和2年。当たり前。当たり前じゃない日常にこうして逞しくも微笑ましい親愛の連鎖が世代交代、いや世代交歓をさらに激しくっ

「よしっ!」

「よしっ、じゃない!」

怒られた。

自分なりの写真が撮れるようになってきました

怒られたものの、こうして文字にしてみるとなかなかいい替え歌ではないか。

しかし、この替え歌は果たして私が作ったものなのか。

今の世の中は情報が錯綜しており、どこかのSNSとかRSSなどで目についたものが記憶に残っていたのか。そうだとすれば、私はSNSはあまり目を通さないので、RSSで配信されてくるネットの情報だろうとは思うが、思い出せない。

ググる

うーむ。それらしい検索にヒットしない。

ということで、もし、この替え歌の出処がわかる方がいましたら、コメントをいただければと思います。

 

それでは良いお年を