欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

V8! V8!【エディフィスHonda Racing】V8! V8!

 

 

あとで このエントリーをはてなブックマークに追加 読もっと!  

"Not only, but also"

「〜だけではなく、〜もまた」

"Not only, but also"

「〜だけではなく、〜もまた」

以下より続き)

nakaishu.hatenablog.com

 

頭の中で繰り返しそう唱えるのは、アルコールで麻痺した大脳皮質を刺激して活動を活発にすることによって吐き気を抑える効果があるんですよ(にちゃあ。と木村みのるが言ったからだろうか?

ドンっ

大きな音とともに道路の起伏を通り越した車が勢いよく弾んだ。トンネルを照らすオレンジ色の灯が物凄いスピードで過ぎていく。何かに焦点を定めようとすると、急激に猛烈な吐き気が襲う。

いや、俺は何を言っている。その頃は、木村みのるの存在さえ知らないではないか。ああ、吐く。

"Not only, but also"

「〜だけではなく、〜もまた」

「〜だけではなく、〜にもかかわらず、も、また」

"instead ... of ..."

"in spite ..."

「〜にもかかわらず」

"in spite of the fact that!"

私が吐き気を感じているという事実にも関わらず、彼は車を止めようとはしなかった(直訳

ああ、これだ!

これで、これこそ!

カシオエディフィス

CASIO EDIFICE

EQB-1000HR-1AJR

Honda Racing限定

世界限定2,900本

62,000円+税

主なスペック

ブルートゥース搭載

ケース素材:ステンレススチール

ガラス素材:サファイア

 

EQB-1000HR-1AJR

いい面構え

CASIOサイトより転載したEQB-1000HR-1AJR

CASIOサイトより転載

CASIO 商品詳細ページ

casio.jp

メーカーの写真と比べても、まあそれなり雰囲気では

なっ

だろっ?

 

nakaishu.hatenablog.com

f:id:nakaishu:20200214160753j:plain

ボタンにはBLUETOOTHのマークが。

この写真ではシルバーに見えますが、マットとステンのブラックコーティング。

以前、ご紹介したトロットロモデルと比べると随分、薄くなったような。

nakaishu.hatenablog.com

BLUETOOTHスマホアプリとコネクトして、色々なことができるのがこの時計の強み。スマホから時計自体を操作することもできます。

本末転倒に思われるかもしれませんが、多機能ウオッチになるとその操作を取扱説明書で調べるのが面倒なもの。

このエディフィスのスマホアプリには取扱説明書のような機能があり、使いたい時計の機能をイメージと画面操作でわかりやすく説明してくれます。

f:id:nakaishu:20200214161235j:plain

トリセツいらず

おにゃの子のトリセツみたいな歌がありますが、例えば、おにゃのこの取説アプリみたいなものを作ったらどうだろう。その人の性格や属性を入力したら、異常事態での接し方や話し方、話す内容をAIが提案してくれるようなアプリなど需要があるのではないか? 各人の対応がデータとして蓄積されていく。そこに「いいね」とかフォローみたいな機能を追加して どんどん進化する。これこそ集合知。しかし、これはフェミ案件かな?

カシオエディフィス

Honda Racing限定

世界限定2,900本

f:id:nakaishu:20200214161426p:plain

限定ボックス付き

オレンジ色の光を反射してリンカーントンネルを疾走する上司の愛車。その唸るエンジン音と地獄のハーモニーを奏でる呻き声。ツインカムのエグゾーストノート。これならば、Honda Racingにさえ太刀打ちできるのでは。

「Sさん、吐きそう、車止めて」

それは無理。そう、リンカーントンネルは自動車専用道路である。しかも、パーティアニマルどもの往来のため、金曜の夜中を過ぎても交通量は減らない。

「もうダメ。行きます!」

「待て、ガンバレ、あと少し」

いや、私は知っている、このトンネルが途方もなく長いことを。そして、青春の出口もまだまだ先なのだ。

もう決めた。

助手席から後部座席に向けて噴射すれば二次災害に繋がる可能性を下げられる、お掃除も比較的楽なはずだ。

「ま、待て」

常に冷静沈着な上司が身を乗り出そうとする私を見て、多少慌てている。汚された車の惨状を目にした奥さんの顔を想像しているのだろうか。

"Not only, but also"

「〜にもかかわらず」

違う。

「〜にもまた、、、明日がある、、、」

呪文はその効力をほぼ失っている。

ルるる

来たっ。体の内側から湧き上がるこの爆発力。

唸る地獄のツインカム、そのリミッターが外れようとしている。

私の体は多分その時、ちょっぴり膨らんでいたのではないかと思う。呻き声とともにだんだんと膨らみ巨大化する私の限界を見定めた上司は

「わかった、よしっ吐けばいい、そのドアから思う存分!」

観念して指示を出す。指示は具体的でないと意味がない。さすができる上司は違う。

nakaishu.hatenablog.com

Ready

今の季節が2月ならパワーウィンドウを下げると車内にはかなり冷たい風が吹き込んだろう。少しは酔いも覚めるかも知れない。が、この体の内側に潜んだ獣はその唸りをやめようとはしない。

Set

オーバー・ザ・レインボー。虹の橋を越えてゆけ!

Go

「風向きが」

んっ?

窓から顔を出す私に上司が優しく語りかけた。

「今、そこから吐くと、強い風が吹き込んで車内に逆流する可能性が高い。逆流すると、どうなる?」

どうなるのだ?

「私が家内に怒られる」

ユパ様。

「そこでだ。窓ではなくそのドアを開けた隙間から、口なり顔を出して、噴射してもらいたい。君ならできる」

走る車から?

「走る車から。そうだ、丁度、ウォーボーイがV8にガソリンを直接吹きかけるように」

V8?

「V8! V8! V8! 我々はもう止まれない。いや、もう止まらない!」

神様、風の神様 どうか私を守って。

面白かったら1クリック! お願いしますっ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ にほんブログ村 お笑いブログへ

以下へ続く)

nakaishu.hatenablog.com

 

商品についてなど詳しくは、 

担当 たくお  まで

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

読者登録をお願いしま〜す♡