欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

米津玄師【Black Sheep】解決編

 

あとで このエントリーをはてなブックマークに追加 読もっと!  

みなさん、お集まりいただきましてありがとうございます。どうぞ、空いている席にお掛け下さい。木村くん、君はいいから立っていなさい。そう、そして、この資料を配るのだ。これは昨晩、パワポで作ったものですが、どうでしょう。字は大きめにしておきましたし、図やグラフをふんだんに使用して、ひと目でわかるようにしておきました、この円グラフなどは特に苦労したところで、奥側に傾斜させることによって、手前の扇型の割合が実際よりも大きく表示されますから、印象操作いや誇大表現いやいや私の申し上げたいことを強調して表現せられているわけでございます。

さあ、それでは米津玄師『Black Sheep』の謎解きを始めたいと思います。

nakaishu.hatenablog.com

米津玄師『Black Sheep』の謎に興味がある方は、まずは上記記事を先にどうぞ!

早速、結論から申し上げますと、私が考えるに、犯人米津玄師は、sheepを ʃíːp と発音するべきところを síːp しております。これは、間違いございません。ここに疑問の余地はないのでございます。なぜなら、私の耳にはそう聞こえるから仕方がない。疑われるようであれば、どうぞ、皆さんも米津玄師の『diorama』をご購入なさるかレンタルされて確認してみていただきたい。米津のファーストアルバムではあるが、テンポが良く耳に心地の良い歌ばかりなので損はしないと思う。

では、米津がsheepを síːp と発音しているとすると、さらなる疑問が浮かんでくるわけであります。

なぜそのような発音になったのか?

sheepシープを日本人が普通に意識せず発音すると必ず、その通り ʃíːp に近くなる。síːp に含まれる sí は日本語には存在しない発音なのです。以前、アメリカに着任早々、city をʃíṭi と発音して笑われた人がいましたが、

nakaishu.hatenablog.com

シープと普通に発音しようとして síːp にはなり得ない。

「つまり?」

つまり、米津は敢えて、 síːp と発音しているわけです。

なぜか?

それが、今回の事件の動機、我々が解明しなければならない重要なテーマとなります。

米津玄師はなぜ、Black Sheep の Sheep を ʃíːp と発音せず síːp と発音したのか?

citi をshitty と発音した人がいたように、逆の意味で、米津は間違えちゃったのか?

あるいは、英語が苦手で、síːp と発音したほうが、カッコいいんちゃうんとか思っちゃたりしたのか?

そこには、我々の想像もつかない天才の葛藤があったのです!

真相は!

CMの後で。

 

 

GRAND SEIKO

グランドセイコー

SBGA362

K18YG

4,000,000円+税

駆動方式:スプリングドライブ

ケース素材:18Kイエローゴールド

ガラス素材:サファイアガラス

 GSデイまで残すところ後2日。

今回は桁が一桁違います。

どうだー。

SBGA362

SBGA362

18金のケースやブレスレットの時計を私達は無垢と呼びます。

こちらに映っているものは残念ながらダミーサンプルで、素材もメッキ。重さはやはり18金と比べると軽いですが、装用した感じを確認するには十分です。ぜひ、ご来店してご着用してくださいませ。

これも期間限定なかいしゅうグランドセイコーフェアの特別展示品となります。

 

セイコーHPより転載 SBGA362

セイコーHPより転載 SBGA362

ケースに多くの面を取る加工をしているため、スプリングドライブの自動巻きを搭載しているにも関わらず、ぺったりと薄く見えます。

SBGA364

K18PG

4,000,000円+税

駆動方式:スプリングドライブ

ケース素材:18Kピンクゴールド

ガラス素材:サファイアガラス

 

SBGA364のサンプル

SBGA364のサンプル

こちらは18金は18金でも、ピンクゴールドのタイプです。サンプルと云っても、作り込みはきちんとしてありますので、実物との違いは、動くかどうかと18金よりもやはり軽いということ。

セイコーHPより転載したSBGA364

セイコーHPより転載したSBGA364

ピンクゴールドとイエローゴールドの差は、75%は金なのですが、残り25%にどのような金属を使うかということ。

ピンクゴールドはイエローゴールドより残りの25%の部分により多くの銅が含まれるので、こうしたピンクの色合いになります。

針やインデックスまでピンクゴールド

ステンレスやコンビニは飽きたという方がチャレンジされます。上品なデザインや文字盤色が、無垢の豪華さを和らげてくれます。

裏スケ

この角度からも、なかなか奥ゆかしい輝きではないですか?

というわけで、上記2点、GSフェア期間中限定の特別展示品。

手にとって、その豪華さを味わっていただきたい。

GRAND SEIKO

グランドセイコー

SBGA362

K18YG

SBGA364

K18PG

4,000,000円+税

商品についてなど詳しくは、 

担当 たくお  まで

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

 

 

文末に『Black Sheep』の歌詞を書き起こしてみました。

ここで注目すべきなのが、「黒い羊が・・・」の部分など、実際の曲の中で歌われていない歌詞が結構あったり、なかなか謎が多く挑戦的な歌と云われており、解説を試みているサイトもかなりあるが、以下はその一つ

 

blog.livedoor.jp

さて、以下の歌詞を確認していただきたい。実際の歌のサビの部分で繰り返されるBlack Sheep という言葉は、歌詞の中には一度も出てこないのである。しかし、曲名は『Black Sheep』であり、サビの部分で繰り返される言葉は、我々には Black Sheep と歌われているように聞こえる。

みなさん、そこにこそ、真相があったのだ!

米津は曲中のサビの部分をBlack Sheepと歌っているなどとは、一切、言及していないのである。

そう、米津は Black Sheep と歌っているのではなく、Black Seepと歌っているのです!

SEEP とは”滲み出る、漏れる、少しずつ染み込む、行き渡る”という意味がある。このBlack Sheepという歌の雰囲気。何かやるせない毎日、その虚無感が、黒く滲み出て、自分の脳の中に広がっていく。自分に何ができるのだろう、何かできるのか、できないのではないのか悩んでいるうちに日々が過ぎて、頭の中を通り過ぎる”黒い羊”を数えて眠りに落ち気がつくと朝になっている。そしてまた夜が来て、黒が、私の中の黒いものが滲み出てくる。

Black Sheep と Black Seep をかけているのだ。

これが、この Black Sheep という歌に秘められた雰囲気、そう謎だった。

犯人は米津ではない。

犯人は我々だ。米津玄師は Black Sheep と歌っているだろうという先入観、我々の中にある単純な思い込みだったのだ!!!

 

どう?

 

うむ、ガッテンガッテンという方、1クリック! お願いしますっ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ にほんブログ村 お笑いブログへ

まあ、今までこんな指摘が出てこなかったようなので、私の聞き間違いというのが一番の有力説なのかも。

 

Black Sheep

米津玄師

素晴らしい一日 始まる頃には夜に暮れる

過ぎ行く毎日 手を振ることすら忘れたまま

いつか注いだ水が腐っていったんだ

ここは濁った澱 そうだ 何にもありはしない

 

受話器の向こうでは霞掛かる声が鳴るばかり

何を話しているのかはよくわからなかった

いつの間にか酷く時間が経って

鏡にあなたが映った「もういいから遊ぼうよ」

楽しいことが待っているさ

シャララララ

黒い羊が一匹、二匹、三匹、四匹

黒い羊が五匹、六匹、七匹、八匹

 

目を閉じる夜は 枕に体が沈んでいく

ついには回りだす 部屋の中ベッドが彷徨えば

いつか注いだ水が腐っていったんだ

ここは濁った澱 そうだ 何にもありはしないな

何となく不安でさ 日に日に毎日は老いていく

騒がしい箱庭 ここは誰かのジオラマなのだ

知らなくていいし 知りたくもない

また明日 すべてを解った気になるんだ

楽しいことが待っているさ

シャララララ

・・・・・省略)