欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

35歳か【MTG-B1000VL-4AJR】そもそも35歳じゃなくね、見た目

 

あとで このエントリーをはてなブックマークに追加 読もっと!  

25年前の在米中、日本のテレビ番組が恋しくなろうともまだ、インターネッツが発達していないから動画配信サービスなど先の話。日本の番組が録画されたVHSのビデオを借りるというのが楽しみの一つであり、また、何らかの理由により、日本国内ではモザイク処理の施されるべきビデオが、ああ自由の国、太平洋を渡り米国に漂着する過程においてモザイクは消え去り、名女優の怪演を、あの数々の名作を借りられるらしくそりゃあ中身が見えて凄いだろう、しかし借りた覚えはないなあ、興味がなかったからかな、うん。

nakaishu.hatenablog.com

今はとりあえず、行きたくはないな

そんな思い出から25年が経った今、子たちが見ているチャンネルを目の端でちらっと眺めたりはするが、最近はあまり民放のテレビは見ない。だから、あの大人気、銀行員ドラマも見ていないし、ちょっと古いが、契約お手伝いさん的な話も、毎週欠かさず録画するほど子どもたちがハマっていたにも関わらず、見ていない。

本田翼が大好物だから、連続ドラマに出ている時は何とか見ようと心がけるものの、酔っ払って眠くなり

「見たところで、何とかなるわけではないしな」

と面倒くさくなって辞めてしまう。

心が枯れてきているのかな。

 

CASIO G-SHOCK

カシオ Gショック

MTG-B1000VL-4AJR

115,000円+税

限定商品ではありません。

主なスペック

  • トリプルGレジスト
  • ガラス材質:サファイアガラス
  • ケース・ベゼル材質:樹脂/ステンレススチール
  • 駆動方式:ソーラー電波
  • 20気圧防水

CASIO G-SHOCK MTG-B1000VL-4AJR

MTG-B1000VL-4AJR

火山噴火によってもたらさえる雷である「火山雷」。火山という条件のため詳しい観測が難しく、そのメカニズムはまだ解明されていないと、私が先日、寄付したウィキペディアは教えてくれる。

nakaishu.hatenablog.com

この新作エディフィスはまじ、薄くてコスパ、サイコーっす

そんな「火山雷」をモチーフに、カシオMT-Gから2020年10月に新登場したのが、このB1000VL-4AJRです。

ベゼルのレインボーIP

グラデーションで表現されるレインボーが凄い。

9時側

ケースもレインボーIPでコーティングされており、段々と色が移り変わっています。

厚みやケースサイズ

モンスター級のケースサイズは

55.8 x 51.7 mm

厚さは14.4 mm

しかし、樹脂バンドのため、重さは何と123g。

以前紹介したメタルの5000シリーズより軽いのです。

nakaishu.hatenablog.com

カシオ、いい仕事してます

バンド接続部分

根元にファインレジン製パーツを組み込んだバンドを、メタルパーツと大型ボルトでケースと強固に連結。メタルと樹脂の接点となるバンド接続部の強度を追求。

カシオHPより引用 

カシオHPより転載

裏蓋と樹脂バンド

裏蓋には、色々な数字が並んでいるが、意味のない数字の羅列もあるようだから、騙されてはいけない。

文字盤内もレインボー

かなりレインボーしています。が、見にくいということはありません。きちんと、見やすさのポイントを押さえているからでありましょう。

ボタンやリュウズも巨大

これがMT-Gの特徴ですが、何せ、レインボーカラーのグラデーションが華美で、目がそっちにしか行きません。

ちょっと向きが変わるだけで

3枚目の画像と比べてもらうと、ちょっと向きが変わるだけで、大きく様子が違って見えるのがわかるのではないでしょうか。

赤く透明のバンド

火山雷の時計本体には、火山の熱を表現しただろう、このバンドが超、似合っています。

ひゃあ

この角度。

これ、左腕に装用したときに、自分が見る角度なんちゃうん。

これ、一番、いい感じ。

最後!

どうだ!

個性的な一本をお求めなら、これは買い。

機能はもちろんMT-Gですので、抜群。

耐衝撃性もトリプルショックレジストでございます。もう、永くお付き合いできる時計に間違いない。あ〜欲しいっ!

CASIO G-SHOCK

カシオ Gショック

MTG-B1000VL-4AJR

115,000円+税

限定商品ではありません。

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

 

10月に入って新しいドラマがどんどん始まっている、ようだが、どうだろう、ソファで子が見ていたドラマの

「交通事故っていうか、自転車で自爆して25年間意識を失っていた、中身が10歳のままの35歳女性」

という設定なのにも関わらず、見た目も35歳とは微妙にズレている感がある主人公が子供のように泣く場面に、私もちょうど遭遇して

私「これは・・・」

子「・・・一体」

私「誰が・・・」

子「・・・得するのか」

ということで思春期と意見が一致したのだから、まだ、心は枯れてはいないだろう、やはり損得には敏感でなけりゃあいけないな。

下らなかったら1クリック! お願いしますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ