欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

グイッ!「それいいね」【AW-500E-1EJF】じゃねーし

 

あとで このエントリーをはてなブックマークに追加 読もっと!  

メガネをくいっと額の上に上げたまま、そのメガネを探し回るということがあるのと同様に、マスクを顎まで下ろしてウロウロと探し回り、引き出しの奥に見つけし薄汚れたマスクにわーいと喜んで重ね着的な着用を知らずのうちにしてしまっている、そんな完全防備らしい自分が、木村みのるの背後のガラス棚に映っているのに気が付いて、グッと親指を突き上げる。

「感染爆発じゃねーか、こりゃ」

nakaishu.hatenablog.com

木村と私のほのぼのエントリー

と言ってみるものの、そんなことをしている場合ではないのだ。

新商品ラッシュじゃねーか、こりゃ。

そう、ガシガシと新製品が発売されたのだから、バンバン紹介するために最初と最後の〆の文章はサクッと短めにいこうじゃないか、それが大方の総意に違いない。

 

CASIO G-SHOCK

カシオ Gショック

AW-500E-1EJF

13,000円+税

こちらの商品は限定商品ではありません。

主なスペック

  • 無機ガラス
  • ケース&バンド材質:樹脂
  • 20気圧防水
  • 電池寿命:約7年

CASIO G-SHOCK AW-500E-1EJF

AW-500E-1EJF

出ました。

デジアナG-SHOCKの代表作AW-500の復刻版AW-500E-1EJFでございます。

この漢らしさ

デジタルとアナログ針時計の融合時計ですから、当時は先進的で、複雑に見えたのかも知れませんが、今見ると、どうです。

シンプルですよね。

如何に、時計のスペックが複雑化してきたか、この時計に見るシンプルさから感じ取ることができるようです。

この赤いボタン

これがいいんです。

真っ黒なデジアナ文字盤に、赤のボタン。これって、当時は先進的なデザインだったはず。

今見ると

シンプルでいいですよね。

2020年11月20日(明日だけどま、いいか)発売のこちらは、限定商品ではありません。復刻商品ですが定番となります。限定ではない商品に、当社でもかなり予約が入ったのには、驚きです。

キリッ

カシオ公式オンラインショッピングでも

www.e-casio.co.jp

在庫:✗

らしい。

しかも

(ご予約にて完売)

と記載されているので紛らわしいですが、こちらは、限定商品ではありません。現在は品切れ状態ですが、徐々に入荷しますので、店頭でご予約してお待ち下さい。

蓄光と

デジタル部にはELバックライトが装備されています。

裏蓋

それは13,000円(税別)なりの仕上げではございます。

がしかし

これは壊れません。G-SHOCKです。ほんと、丈夫。

これこれ

いいですね。赤い時針と白い分針。そして白いインデックス。

欲しいっ

これで、13,000円+税でございます。

20気圧防水です。中空構造なので耐衝撃性は抜群。

そして、いい?

いいですか?

電池寿命が約7年と大幅アップ。

これは私が欲しい。子のためにも欲しい。7年電池。ああ、欲しいっ!!!

CASIO G-SHOCK

カシオ Gショック

AW-500E-1EJF

13,000円+税

こちらの商品は限定商品ではありません。

主なスペック

  • 無機ガラス
  • ケース&バンド材質:樹脂
  • 20気圧防水
  • 電池寿命:約7年

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

 

朝方、散歩をしていてよく会う近所のオッサンは、その時、すれ違うちょっとしたタイミングでも何かしら話しかけてくるのだが、私は朝は目が覚めないし、腹も空いてくるからサッサとやり過ごしたくなる気持ちが日毎に増して、EARIN というワイヤレスイヤホン

nakaishu.hatenablog.com

SBDC123は、本当にオススメなんですけど

などを着用して音楽を聞きながら散歩をすることにして、オッサンが話しかける度にEARINを取り外したりスマホの音楽を切る的な動作をする中、何日かしてようやく

「それは?」

と聞かれたのですかさず無線イヤホンである旨を説明して

「これで音楽やラジオ、落語を聞きながらする散歩はサイコーです」

などとパイルダー、オン!

「なるほど、いいなあ、それは」

と感心するオヤジを尻目にもう大丈夫だろうとほくそ笑み、案の定、次の日会ったら、遠くからする挨拶はいつも通りながら、お互い段々と近づいて立ち止まり、オヤジは自分の耳、次いで私の耳を指差して

『その無線イヤホン、』

という意味だろう。そして親指をグイッと突き上げる。

『いいねっ!』

そんなことだろうか。

「知らんがな」

とはまさか云わない私もグッと親指を突き上げて、目の醒めない薄ら笑いを頬に浮かべてすれ違うということを雨の日以外、毎日かれこれ半年くらい続けてみれば、私の耳を指差して親指を突き上げるオヤジの笑顔がかなり憎らしくなってくるのだから、ちょっと道を変えてみましたが、という話。

下らなかったら1クリック! お願いしますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ