欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

SRS【カシオ GMW-B5000RD-4JF】速読道

学生の頃、読書が好きだったから、読むスピードが早くなればもっと多くの本を読むことができるだろうと、当時、一緒に住んでいた弟を騙して高価な速読教材を折半で買って、それは呼吸法による鍛錬から始まるという、気の遠くなるような速読法であった。

 

カシオ Gショック

CASIO G-SHOCK

GMW-B5000RD-4JF

70,000円+税

限定商品ではありません。

主なスペック

  • 耐衝撃構造
  • ケース&ベゼル材質:ステンレス
  • ガラス材質:無機ガラス
  • 20気圧防水
  • 駆動方式:ソーラー電波修正

同じシリーズの別カラー

nakaishu.hatenablog.com

大人気エントリー。話が人気あるんじゃなくて、多分、時計が人気あるのだろう。どうだろう

主なスペック・機能は上記、商品と共通です。G-SHOCK Connectedというアプリの説明などもほんのちょい、ありますので気になったら是非、お立ち寄りください。

カシオ Gショック GMW-B5000RD-4JF

GMW-B5000RD-4JF

本日、発売のまさに出来立てホヤホヤの新商品紹介でございます。

CASIO G-SHOCK GMW-B5000RD-4JF

STN-LCD液晶

斜めの角度からでもはっきりクリアに判読できる液晶。

背景がブラックの方が、外光でもハッキリ、見えやすい。

深みのあるボルドー

ボルドーのIPが施してあります。IPとは「イオンプレーティング」のことで、イオンによるメッキのこと。

赤なのか

「深みのあるボルドー」とはカシオのHPにある表現ですが、まさに、「深み」があります。

オレンジなのか

光の角度によって、深い赤にも深いオレンジ色にも見えるこのプレーティングはカシオならではな技術。

凄い!

画像処理?

いえいえ、まさにこのように見えるのです。

ベゼル

上掲リンク先の、GMW-B5000シリーズの商品がそうであるように、ベゼルにはキレイな縦のヘアラインが施されてあるのです。

黒のボタン

ボタンやケースとブレスを繋ぐネジには黒色のIPが施されています。

スクリューバック

ねじ込み式の裏蓋にはDLC処理により耐摩耗性が高められているからには、裏蓋までもいつまでも、キレイに輝くということなのです。

ずうお〜

ブレスのヘアラインも丁寧に仕上げられています。

この輝き

仕上げはもう、高級時計のそれと言っても過言ではありません。

これで77000円とは、これ如何に。

コストパフォーマンスは究極に、高い。

ブレスの裏側

抜かりなし。

「従来、ケースとバンドを繋ぐために使用されていたダブル・ラグ構造は三又構造に再デザインされました」

というのは下記サイト

GMW-B5000RD-4JF - 製品情報 - G-SHOCK - CASIO

から現時点(2021.1.15)で、リンクされているGMW-B5000の特設ページ

GMW-B5000 - ORIGIN - Products - G-SHOCK - CASIO

に飛んでみたら、全部、英語バージョンだったので、三又のラグの部分を翻訳してみました。

英語を日本語に翻訳した感のある文章というのは、なかなか趣があり私は好きなのですが、これ、みんなが英語を読みたいわけではないので、カシオさん、リンクを直したほうがよいのではないだろうか?

とまれ、GMW-B5000の新色も又、ワクワクする出来上がりになっています。

このシリーズはもう、ジャケパンで必ずイケます(どこかに)

どうする? 色に迷ったら究極はこれか?!

nakaishu.hatenablog.com

 2021年3月発売、ピンクゴールド

nakaishu.hatenablog.com

2020年秋、発売モデル

nakaishu.hatenablog.com

というわけで、遊びにちょいとハズしたビジネスにもあ〜、欲しいっ!

カシオ Gショック

CASIO G-SHOCK

GMW-B5000RD-4JF

70,000円+税

限定商品ではありません。

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

 

『SRS速読法』

と言えば、知る人ぞ知る速読法であり、例えば、以下のサイト

栗田昌裕のSRS速読法は詐欺?口コミは? | サヴァン速読法で1日24冊の本を読む元読書嫌いのブログ

この人も速読をしているらしい

では、どうやら『SRS速読法』に関して否定的な意見が書かれてあり、30年前、実際にこの教材を購入して、現在『口に出して読みたい日本語』的のほほんととした速度で読書に勤しんでいる者からしてみれば、もし当時、インターネッツが手元にあってこのページを見ていたならば、この速読法にお金を払うのは躊躇していたかも知れない。

いや、しかし、無料で送ってもらった資料には、実際にこの速読法でその効果を体現している人の声がたくさん載っているのだから

「俺にだってできらあ」

という気持ちにもなろう。本が速く読めたならば、色々な資格勉強ももの凄いスピードで出来るはずだから

「この分なんて、すぐ取り返せるし、しかも、お釣りがザックザック」

という詐欺の語り口に乗せられた弟と一緒になって購入したその速読法は、前述したようにビデオなどを見て呼吸法を会得して、精神力を高めるというスピリチュアルな部分も重要な要素で、傍から見たら怪しげな感じがするのだが、当時、私達は結構、一生懸命で夜な夜なビデオを見ながら呼吸法を練習してスピリチュアルを鍛え、同時に、教本によって目を速く動かす練習をする。

目を速く動かすことが速読に重要というのは、右足と左足を交互に早く動かせばより早く走れる的な、シンプルな理屈でわかりやすいのではないだろうか。それに加えて、一点で、一視点でより多くの範囲を捉えることも重要になる。ここら辺はテクニカルな部分であり、単細胞な我々は互いに乗って乗せられて、一生懸命に頑張るわけだが、そうしたテクニカルな努力をより結果に結びつけるには、呼吸法というものが大切だという風に循環し、江原啓之的スピリチュアル理論が持ち出されてくるわけだからどちらも頑張らねばなるまい、やめらんね〜ということになるのだ。

さあ、ここまで読んでこられた読者の皆様はどうだろう、何だかこの速読学習に興味が湧いてきたのではないだろうか。しかし待って欲しい。私とその被害者である弟は当時、この『SRS速読法』に確か20万円以上(もう少し安かったような気がしてきました)払ったのだ。この先にはもっと重要な速読のコツが控えているのだが、これをタダでお伝えするっちゅうのも何だなあ、いくらか志をいただいてもよいのではないかという気がしてきたのだが。

以下へ続く

nakaishu.hatenablog.com

寸志の代わりに、これを1クリックしていただければ、喜び!

ブログランキング・にほんブログ村へ