欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

♫悲しみの【プレサージュ SARY185】果て♫

 

あとで このエントリーをはてなブックマークに追加 読もっと!  

今年は各地で、大雪や風雪の警報が多かったのではないだろうか? 車の立ち往生のニュースが流れていたのも記憶に新しい。毎年、恒例と云っては何だが、田舎では、高齢者が雪かきをしていて屋根から滑落してしまい、残念ながらということで、

「あーぁ」

と自然、声が漏れてしまう報道もある。

がしかし、ふと考えてみると、屋根から滑落して雪に埋もれ身動き取れずに、凍えてそのまま亡くなってしまうという、こうして字面を見ただけなら、葬式で打ち震えるご親戚の様子が想像される、そんな悲しみの予感しかしない出来事も、案外、そこまで悲惨ではなく逆に、

♫悲しみの果ては

すばらしい日々を♫

送っていこうじゃあないかという、降りかかるような蒼穹に胸を張って歩き出したい物語があっても、いいのではないかと、想像してみるのだ。

 

SEIKO PRESAGE

セイコー プレサージュ

SARY185

55,000円+税

限定商品ではありません。

主なスペック

  • ケース材質:ステンレス
  • ガラス材質:サファイア
  • 駆動方式:自動巻き(手巻きつき)

セイコー プレサージュ SARY185

SARY185

セイコープレサージュの新製品SARY185のご紹介でございます。

何だろう、この文字盤

何と言って表現すればいいのか。

1月後半から2月にかけて、新商品が少ないので、久しぶりな感じがするエントリーだけに、気合が、入らないんだよねぇ。

レトロな

ちょっと古めかしい感じのする文字盤です。

目立つ特徴はないものの、ワンポイントを付け加えたいこの時代、それが、逆に新鮮です。

ピンクゴールド

メッキのインデックスとベージュの文字盤のコンビネーションは目立たないながらも、ベストなコンビネーション。

サファイアガラス

この価格で、サファイアガラスを使用しているのもまた、グッド。

美しい

見直します。これは、綺麗。

カットのないケース

曲面だけのケースもまた、味があります。

良くないっすか?

厚みは11.7mmと薄くはないもの、ちょっともっこり丸いデザインは愛着がわきます。

ブレス

5列のブレスはシンプル過ぎず、文字盤のシンプルさとのミスマッチが、良い味を出します。

コンビ

つや消しとミラー仕上げのコンビネーションブレスが、ブレス自体に動き・表情を出してくれます。

裏スケ

これはこれで、密かな楽しみ。

ブレスのバックルが独立していないのも特徴。同じコマで作り上げられた感のあるブレスレットです。

右)SRRY045

SRRY045

53,000円+税

こちらレディスサイズとの比較してみました。

画像では比較してもわかりにくいですが、現物の見た目は、大きさ以外、全く同じです。

ペアになるのは楽しいです。

さあ、メイド・イン・ジャパンのセイコープレサージュ。リーズナブルで大人なシンプルさが特徴のこの商品で、外して遊ぶのも一興、まじめに機械式を見つめるのもまた一興なり。

SEIKO PRESAGE

セイコー プレサージュ

SARY185

55,000円+税

限定商品ではありません。

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

 

いや、それは大河のような大それた物語のことではなくって、例えば、私は大いに馬鹿なので割と考えもなくどこでも大酒を飲んで、なかなか危険っぽい目にあったり、

nakaishu.hatenablog.com

フュリーロードエントリー

タバコは高校生の時から

nakaishu.hatenablog.com

いなばの白ウサギの真相エントリー

30年以上嗜んでいながら

「やめるやめる」

と口ばっかしだ。

nakaishu.hatenablog.com

こんな時だからこそ必読。上記のエントリーから続く一連の禁煙エントリー

とあざ笑われても辞めなかったくせに、とうとう一箱500円を超えたらもう小遣いが間に合わないからと辞めたふりをして4ヶ月ほど経ったようだが、実はこの男は、子から手が離れたら、また吸い直してやろうと画策しているらしい。

いや、今はもう吸いたいとも思わないようだが、そうは云っても、あれは美味しい。

中毒だ。

中毒物であるタバコというものは、今吸っているこの一本は、次の一本のために吸っている。次の一本が吸いたくなるためにこの一本を吸っているのだからきりがない、やめられないのだ。というようなことが禁煙本で有名なアレン・カーの『読むだけで絶対にやめられる禁煙セラピー』にも書いてあったが、それを言ったら、ご飯だって、明日、また生きて食べるために今日、こうしてご飯を食べているいうことも言えるような気もするし、そうであれば、ご飯だってタバコだって、美味しいからやめらんねー。

などと、己の生を毀損するかもしれないことに無頓着で笑い惚けているような人は一定数、いるのではないか。

私はそうだ。

子たちが巣立って、一人前に活動をしてくれるようになったのなら、あとはもう、すっと、色々と、オサラバしてもいいのではないかと思うようなところもあってみれば、実際に一人前になった子たちが離れた家に、正月休みでもうすぐ久々に帰ってくるとしたら、どうだろう。10年以上も会っていないから待ちきれないだろう。まだひと月も先の話なのに、朝からソワソワして、日がな一日、何をするわけではなくただ、降り積もる雪を眺めるともなく眺めて待ちぼうける毎日にくたびれたその日、生き馬の目を抜くような都会の業務にくたびれた子たちに

nakaishu.hatenablog.com

続くエントリーと合わせて、なかなか秀逸ではないか。

手伝わせるのも申し訳ないかなと屋根に登って雪でも掻いて、タバコに火を着けてみれば、降り注ぐ日の光は屋根に積もった雪に反射して眩しくて、ああ、ご覧、輝くばかりのこの蒼天を。私のいるこの屋根がまさに、世界の中心のようではないかね。そうしてみれば、小さい小さい。なんも、なんでも小さなことだ。

そうさ、よく考えてみれば、子にも、それほど会いたくはなかったかも知れない。本田翼のような美女にならともかく年取ったおっさんに会ったとて何があろう。

しみじみ、降りかかる蒼穹にタバコの煙が流れ行くのを目で追ってみる。

ふむ、我、この一服のために生きているものなり。

そうしてポイと吸い殻を、屋根から指で弾いて捨てようかという弾みで落としてしまったライターを取ろうとして体勢を崩し、滑落するのだ。

痛みは、ない。

が、動けない。

どこか窪みにはまり込んでしまって、しかも、滑った勢いで屋根に積もった雪もなだれ落ちて、私の上に降りかかってしまったのだろう。

覆い被さった雪の隙間から光がきらりと一瞬、輝いて見えるものの、ずずずっとさらに崩れてきた雪にその光さえ覆われてしまえば、ああ、こりゃ、しまった。

女房はどうした。あれは、今日はエアロビ教室の日だから、街から送迎バスが来て行ってしまったのだから、夕方まで帰るまい。

nakaishu.hatenablog.com

最近、人気が出てきましたよ。うふふ

万事休すか。

しばらく慌てたろうか。いやどうか。

ごそごそと動いてみたものの、雪に埋まってしまっているため体温が急激に低下していくと同時に、ああ、意識もなんだか遠のいて、ちょっぴり気持てぃいい。

「さぞや、綺麗に、美しくなっているはず」

もうすぐ帰ってくるであろう、娘、本田翼に一目、ああ、ひと目、会いたかった。

と盛大な勘違いで大往生。

「だったかな、はて、娘?」

首を傾げながら極楽浄土へ旅立たんというのもまた一興。

屋根から滑り落ちて、雪に埋まってしまうという、ああした悲しげな話だとて、全てがすべて、悲惨なことなわけではないと思うのだ。

いや、これだけは確かだろう。

私に、それと似たような

「あ、しまった」

という何かが起こったとしても

「まあ、それもこれも」

多少、慌ててブブブと何かを漏らしたりはするかも知れないが

「また一興」

おいおいと泣き崩れるような出来事ではないと胸を張って言えよう。回りの誰か、私の時は、どうぞ安心してくれ給え。

下らなかったら1クリック! お願いしますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ