欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

ZOOM 文【NAVITMER B01 BMOP JAPAN EDITION】寸 TEAMS

「もし、この会話が盗聴されたならば!?」

どうもしないだろう。たかが日本の鳥取の、小さな企業のネット会議でのやり取りが外部に漏れたからと言って、誰が困ろう。いや、そんな情報がいくらになる?

「これからは、ZOOMではなく、TEAMSです。マイクロソフトのやつですし、そちらのほうが、セキュリティが良いんですし」

何かしらはにかむような恥ずかしげな、それでいて真っ直ぐな眼差しと人懐っこい営業スマイルの奥に、薄汚れた爪を隠した担当者の、あの暗黒の営業手法、そう、頼んでもいない商品を知らぬ顔して送りつけるねじ込みセールスに閉口している私は、多少ITには覚束ないところがあるのだろう、いつもと違いちょっと歯切れの悪い調子で

「なので、安心ですし、ご、ご肺癌いえご拝顔の上、お話したいこともあるのですから、今こそ、是非、ネット会議にご参加を」

というネット会議出席依頼を木村みのるに丸投げしたところ、会議の内容などそっちのけで、TEAMSを使って仕事っぽいことをしている自分自身に乾杯したいらしい勢いで

「ズームじゃねんだよ、これからはなあ、あの世界を代表する企業、マイクロソフトさん謹製のTEAMSだ。なぜだかわかるかよ。それはなあ、何かとソッチのほうが便利だし、セキュリティがいいんですし」

nakaishu.hatenablog.com

こちらのエントリーから、セイコーダイバーズを物色しよう

 

BREITLING

ブライトリング

NAVITIMER

ナビタイマー

B01 chronograph BMOP Japan edition

B01 クロノグラフ ブラックマザーオブパール ジャパンエディション

AB01213B1B1A1

1,140,000円+税

数量限定商品ではありません。

日本のみ販売の流通限定商品です。

主なスペック

  • ケース材質:ステンレス
  • ガラス材質:サファイア
  • 3気圧防水
  • 駆動方式:自動巻き(手巻きつき)

ナビタイマーのB01クロノグラフ ブラックマザーオブパール ジャパンエディション

AB01213B1B1A1

ナビタイマーのB01クロノグラフ ブラックマザーオブパール ジャパンエディションのご紹介です。

ブライトリングは、どうして、ここまで名前が長くなってしまったのでしょう。

ナビタイマーのB01クロノグラフ ブラックマザーオブパール ジャパンエディション

ブラックマザーオブパール

黒蝶貝を使用した文字盤のナビタイマーです。

自然

自然によって作られた貝殻を使用しているため、このような輝きも唯一無二のものなのです。

美しい・・・

クロノグラフのダイヤルとインベゼルがブラックで、青い貝殻をぎゅっと引き締めてくれます。

ブライトリングのB

残念ながら、こちらのBマークにはもう羽が着いていません。がいつか、きっと、戻ってくる・・・かも。

nakaishu.hatenablog.com

このエントリーの画像には、振り向けば奴がいた

この細かな印字

これも、ブライトリングナビタイマーの特徴です。

老眼の私にはもう見えにくい。

ベゼル

ベゼルの滑り止め加工もなかなか、ツール感が出ています。

nakaishu.hatenablog.com

こちらも、なかなかのツール感

裏スケルトン

数量限定ではないので、限定シリアルはありません。

が、裏スケも、スペシャルエディションの印なのです。

6時位置

12時間計の上には

「SPECIAL EDITION」

の文字が印刷されています。

様々な

色々な角度から見たい文字盤です。

角度を変えると、表情がガラリと変わるので、楽しい。

クロノグラフ秒針

赤い秒針もブラックマザーオブパールに映えます。

インデックスや針

きちんとミラー仕上げがしてあるので、キラリと光り輝きます。

手抜きはないのです。

数量限定ではないものの、流通は日本のみ、製造期間も限られているこのモデル。そして、ブラックマザーオブパールが非常に美しい。

ひと目でそれと分かるブライトリングの顔ナビタイマーの日本スペシャルエディションは、ああ、これ、欲しいっ!

BREITLING

ブライトリング

NAVITIMER

ナビタイマー

B01 chronograph BMOP Japan edition

B01 クロノグラフ ブラックマザーオブパール ジャパンエディション

AB01213B1B1A1

1,140,000円+税

数量限定商品ではありません。

日本のみ販売の流通限定商品です。

楽しんで頂けたら1クリック! お願いしますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

こちらもオススメ

nakaishu.hatenablog.com

こちらだってオススメ。どちらかというとこっちが飽きがこなそうで好きです。

nakaishu.hatenablog.com

 

などとどこかで聞いてきたようなことを口角泡を飛ばさん勢いで後輩の、若手のホープに説明しているのを見るにつけ、人の振り見てということで、我が振りに気を付けなければならないと思うのだ。

木村は続けて

「TEAMSと複数形にしたのは、そうでなければ『チーム』と『ズーム』で似てしまうところを『チームス』となって辛うじて、ZOOMとの差別化にも繋がるのだから、そこら辺のネーミングというのかな、それもまた秀逸」

ますます己に酔い痴れて展開される自論は

「さらにここでTEAMSを『チームス』とカタカナで表記する時に現れる

nakaishu.hatenablog.com

笑って「新コロ会」とか言える日が、早く来ますように

特徴をご覧いただこう、なるほど、世界に類を見ないほど便利な音節文字カタカナは、ユニークで興味深いのだが、もしこの文字がなかったならば、日本も英語を中心とした多言語国家として21世紀初頭、インターネッツによるインターナショナルな世界において隆盛を極めていたかも知れないのだから、これ、皮肉なものですが、この、TEAMSについては『チームス』つまり『チー牛』や『チーカマ』『天ムス』などに通じるところの『チーズおむすび』の略語のようだぞということで格段に覚えやすく、今後のチームスの日本展開において、明るい材料となっているのでございますから、世の中、何がどう奏功するのかわかりませぬ」

と収拾がつかなくなってくるのだから、困ったものである。

以下へ何となく続く

nakaishu.hatenablog.com

マ、マイコン?