欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

マカロニ? ジーパン! 【プレザージュ SARY187】 ジプシー? ボギー!

中小企業の多い日本の、多くの会社がそうなのではないだろうか、高齢化社会の縮図いや地獄絵図を広げて

「当社はこの辺り、地獄の三丁目205番地におりまして」

などと就職説明会で説明しなければならないのは若者不足の実情だが、ご多分に漏れない当社に木村みのるの部下が入ってきてみたら、どうなるだろう。

「どうやら、カレー事業からは撤退するらしいよ」

と陰口を叩かれマンネリ化の懸念を囁かれ始めた当ブロブにも多少は活気がもたらされるのだろうか?

以下より、かろうじて続き

nakaishu.hatenablog.com

チーむす、おいしいよね

 

セイコー プレザージュ

SEIKO PRESAGE

SARY187

58,000円+税

限定商品ではありません。

主なスペック

  • ケース材質:ステンレス
  • ガラス材質:サファイア
  • 駆動方式:機械式 自動巻き(手巻きつき)

SEIKO PRESAGE SARY187

SARY187

先日、ご紹介したプレザージュSARY185

nakaishu.hatenablog.com

♫に何があるかなんて、俺は知らない♫

と同じ日に発売された新製品SARY187のご紹介です。

セイコー プレサージュ SARY187

9時位置

SARY187では、機械式時計の調速の肝「テンプ」という部品が、文字盤前面から見えるようになっています。

日付はない

代わりに、10時位置にあるのが24時間計。

24時間計とは。

24時間に一周回る針のことである。

この時計における24時間計の使い道は、ない。

ネイビー

引き締まったネイビーに、ストライプの刻みが入った文字盤。

インデックス

オレンジ色のインデックス(時字)と針が、紺の文字盤に映えます。

いいじゃないですか!

ジャケットにサクッと装用したい。

ふむ。

10万円を切る価格の機械式は、高級機械式時計の導入商品でもありますが、今、当価格帯の時計を数本、装用し回すというのも、全然、ありだと思います。

おしゃれ

だって、おしゃれで着回したいじゃないですか。

計時という役目だけなから、スマホだけでも十分ですが、

「何気に時間を確認できるおしゃれな腕周りのアクセサリー」

と考えたい。

腕から手に抜ける、「手首」にアイキャッチーなポイントを作るのは、どんなに科学に差があろうとも、どこでも共通なオシャレなはずです。

裏スケ

今の画像からだと、半円形の金色の部品が自動巻きのゼンマイを巻くための「回転錘」です。

そして、その奥の、4時位の位置に見えるのが、2番目の画像のところで説明した「テンプ」という機械式時計の調速のカナメです。

これは、いい画像。

やっぱり時計には、軍手の荒い糸が似合います。

これからは、軍手で接客すべし。

nakaishu.hatenablog.com

面白みwww。ここから数話が、新コロ会エントリー

革バンド

ですが、毎回穴を通す尾錠タイプではなくdバックルのタイプなので、比較的、革は長持ちします。

セイコープレザージュの新製品、SARY187はこの価格で裏スケ、テンプが動くのが見えて楽しい機械式。ああ、これは一本、行きたいかも!

セイコー プレザージュ

SEIKO PRESAGE

SARY187

58,000円+税

限定商品ではありません。

楽しんで頂けたら1クリック! お願いしますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

2021年6月発売、プレザージュの新シリーズ「スタイル60's」

nakaishu.hatenablog.com

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

 

「あれ、どう思います?」

木村に聞かれたのは、木村の部下についてのことだ。

「どうって、何が?」

言わんとすることはわかっているものの、イエス/ノーに関わらず返事をすること自体が、地雷を踏むような問いかけというものが、この世にはあるから、皆さんも注意をしなければならない。二人の上司である私は、こんな質問には質問で返すのだ。

すると

「どうです。凄い勢いで仕事をしているように見えるでしょう」

そう云う木村の視線の先に目をやると、高齢化地獄の縮図である当社では数少ない若手のホープが、物凄い勢いの爆音でキーボードを叩いている。

「かなりのtpm(ッターン・パー・ミニット)なはずです、あれは」

nakaishu.hatenablog.com

SBDC127は人気商品

木村によれば私の入力は約30tpm、木村が35tpmなのに対して、今まさに目の前で『熊蜂の飛行』のピアノ速弾きをしているかの如きホープのそれは間違いなく45tpmは出ているはずだ。それなのに、ああ、それなのに

「あの壮絶な勢いで彼は今まさに、間違いを入力しているんです。ミスを必死にインプットして、悲しいかな、ああして一生懸命、間違いを創出しているのです!」

出来てくる成果物にことごとく、大なり小なりのミスが内包されているのだから、敵わない。

いや、ミスは仕方なし。ヒューマンエラーを無くすことは出来ない。ただ、出来上がってきたもののチェックをすることがどうして出来ない。

と注意をすると拗ねるから困ったものだ。

というのは木村と私の共通した認識ではある。

「注意なんか、話半分に聞いてりゃいいんですよ」

ん?

「話半分だから二回注意されたら1カウントで、それから直しゃいいんだから」

これは共通に認識されてはいない。

「とすりゃあ、話3分の一くらいで丁度いいや」

このくらいの胆力があれば、多少、注意を受けたって指導されたって平気だろう。そちらの方が、仕事をしていても楽しくて、回りも気楽にアドバイスや協働がしやすいはずだ。ホープ君には木村の爪の垢でも煎じて飲ませたいくらいだが、こうした類の人たちはどうやら、注意や指摘をされると生存に関わるといっていいほどの精神的なダメージを負うらしいからこそ、そのダメージから逃れるため

「ああ、それはもちろん、知っています。知っている。そう思っていた。私は生まれた時からその事を知っていました。知ってら~、Shi* Teller」

nakaishu.hatenablog.com

SBGH281は大人気でしたが、数量限定モデルにつき・・・残念

というような讒言を繰り返す一方、もちろん、自分にとって恐ろしい注意や指導を他人にできるわけがなかろう。他人にも自分にも

「心優しい」

私でありたいのだから仕方がない。

というような、先輩に育っていくのだろうか。

いや、回りのオヤジも、案外、そうなんじゃないかな、おいおい、君らは大丈夫かい?

「今、大丈夫ですか?」

ダイジョブダイジョブって何でもかんでも

「ああ、大丈夫だけど」

言いやがって今の若い奴らはよお、JOB に、小ジョブとか中ジョブがあるのかよ。などと言って若者に面倒臭がられたくない私は

「ありがとう」

声をかけてきた件のホープにアマゾンの小包を手渡されて、優しげな笑みを頬に浮かべお礼を言おうと見てみれば、既に開封済み。私宛と書いてあるではないか。

「いや、親展、って書いてないから」

ちっ。と打ちたい大きな舌打ちを我慢して飲み込み、怒りの呼吸を整える私に

「しかし、面白い本を読まれるんですね。一石二鳥ということですか」

何だと! 「しかし」じゃねぇよクソがっ! しっかり中身を見てやがる。

「馬鹿かよ、そういうのはなあ、虻蜂取らずって言うんだよ」

木村、お前も見てやがったのか。よもや、キサマが開封の指示をしたのではないのかよ。

「馬鹿かよって、ひどいじゃないですか。いくら上司だって、そんな言い方があるでしょうか、昭和じゃないんだ。それに、馬鹿って言うなら、ああいう馬鹿げた本よりはマシでしょう」

馬鹿げた本だと、この

『速読で学ぶ。 簡単! 実践資金繰り』

のどこが馬鹿げているのだ!

nakaishu.hatenablog.com

カシオのメタルG新色につき、こちらもマジ、大人気

nakaishu.hatenablog.com

上記、2エントリーは速読の極意も学べる、お得なエントリーなので

「ああ、それな、そうかそうだった。悪かったよ。案外、君とは意見が合いそうだ。なあ、これからもよろしくな、ズームス❤️」

えっ、ズームス?

「こちらこそ、よろしくお願いします! ボスっ!」

ボボボーボーッ!

下らなかったらこちらこそ1クリック! お願いしますっ、ボス!

ブログランキング・にほんブログ村へ