欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

白南【グランドセイコー SBGJ249】風

GRAND SEIKO

グランドセイコー

SBGJ249

740,000円+税

主なスペック

  • ケース&ブレス材質:ステンレス
  • ガラス材質:サファイア
  • ケースサイズ:39.5mm
  • 厚さ:14.1mm
  • 重さ:150g
  • 駆動方式:機械式9S86
  • 3 気圧防水

f:id:nakaishu:20210527133227j:plain

SBGJ249

二十四節気という言葉を皆さんはご存知でしょうか?

「にじゅうしせっき」と読みます。

とはいえ、あの神主のお祓い的なダンスで日本起源説を確固たるものとしながら今、人気を博している女性グループ

nakaishu.hatenablog.com

虹創作やね

とは関係なく、要するに、夏至や冬至など

一年を24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。

WIKIPEDIA より  

とのこと。

その二十四節気の一つ「小暑」から着想を得て文字盤によって表現したのが、このSBGJ249なのです。

白南風

梅雨明けに吹く”白南風(しらはえ/しらさえ)”の絶え間ないさざ波をイメージしたダイヤルです。

グランドセイコー SBGJ249

初夏

爽やかな風で湖や池が揺らめく。

まさに、そんなイメージが感じられる文字盤です。

GRAND SEIKO SBGJ249

絶句

一瞬。刹那。ほんの、瞬くような間。

ではありますが、言葉が止まってしまう。

そんな経験ができる稀有な時計です。

息を飲む。

そこまでではないかも知れない。

ただ

「うわっ」

という声が出ちゃいます。

言葉はいらない。

はっきり言って、この時計を語る言葉は、無駄なもののように思えます。

湖面のせせらぎ、じゃん!

これから、どしどしYouTubeで、あーでもないこーでもないと白手袋を着用した紳士淑女が、この商品について語るのに違いない、それほどインパクトのある新製品SBGJ249ですが、どの言葉よりもどの画像よりも、ひと目、実物を見ていただきたい。

真夏ではない

初夏の、水面のせせらぎか、海辺の静かなさざ波か。

だからこそ、装用するものに涼感を、自然な涼しさを与えてくれるかも知れない。

うりゃあ〜

言葉がいらない。

ぎゃあ〜

叫び声だけでいいのではないか。

まさに詩的な

光の当たる角度で表情が驚くほど変化します。

ずっとキラキラと動かして見ていたくなります。

ならば、こちらはどうか?

SLGH005

白樺:White Birchと呼ばれ、今年2月に発売されて人気爆発。生産が間に合わないため、限定ではないながら、なかなか入手しづらいモデルです。

こちらの美しい美しい美しい文字盤はずっと見ていたいというより、時間を確認したら嬉しくなる。

そんな時計のような気がします。

戻ってSBGJ249

時計というか、アクセサリーの美しさ。ああ、ずっと見ていたい。

GMT

もちろん時計としての機能も素晴らしい。

HI-BEATにGMT。

GMTについては以下のリンクでご確認ください、このモデルには最小限の言葉でいきたいのです。

GMT機能

nakaishu.hatenablog.com

通常モデルながら、かなり売れ筋

機械は9S86

上記、SLGH005に使用されている極薄ハイビートムーブメントの9SA5ではありませんが、精度だったら負けていません。

ただ

裏蓋は残念ながらビスで止められており、そのためもあるでしょう、3気圧防水。

なので、水のご使用にはお気をつけ下さい。

39.5mm

40mmを切ったこのサイズ、39.5mmという細かいサイズ感も、グランドセイコーならではこだわり。

フット感、装用感は上等です。

素晴らしい大きさ。

もう何も語る必要はありますまい。

ただ、これは是非、実物を御覧いただきたい。

ただ実機は予約でなかなか見えないかも。

というわけで、つたない動画ですが、御覧ください。


www.youtube.com

夕方

初夏の夕方の、水辺の様子にも見えませんか。

ああ、これほどまでに我が言葉の足りなさを感じたのは初めてなり。

GRAND SEIKO

グランドセイコー

SBGJ249

740,000円+税

楽しんで頂けたら、1クリック! お願いしますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

まさしく御神渡り

nakaishu.hatenablog.com

こちらは白南風ではなくBIG WAVE かな

nakaishu.hatenablog.com

 同日発売の文字盤違い。奥ゆかし〜

nakaishu.hatenablog.com

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

担当 拓 尾 まで

ご連絡お待ちしています。

 

というわけで、あまりにも美しいものを見たので、谷川俊太郎の詩が浮かんじゃいました。

 

生きているということ

今、生きているということ

生きているということ

手のニオイのクサさが太陽の、生命の優しいクサさだということ

nakaishu.hatenablog.com

 僕たち私たちは卒業します、うわーん!

手のニオイ

顔をぐるりと撫でた後の手のニオイ

獣かよ

手のニオイ

投手に挑むかのように右手を伸ばして打席に立つイチローが実は、左手の、滑り止めスプレーのニオイを嗅いでいたということ

鼻のニオイ

「鼻のにおい!」(たけし風

ビートたけしの鼻のニオイがクサいのと同じように市井の我が鼻のニオイがクサいとしても、自分のことを

「オイラ」

というこっ恥ずかしい呼び方をするのはやめた方がいいということ

ニオイ

ニオイこそが、日々、巨大化し蠢く虚構が現実をも揺るがさん現在の、ああそれこそが現実感に違いない

悲しみだって、寒さだって、怒りだって喜びだって旨さに辛さ、甘さに不味さ。ピーマンは食べるけど、なぜ、ピーマンと、折角の牛肉を一緒に炒める必要があるか、その残念さだって、そこにニオイが感じらなければ、それは、いつまで経っても、虚構の世界

あちら側

生きているということ

クサいということ

いいニオイだということ

クサ、いいニオイだということ 

続く)

えっ?

続いちゃった

nakaishu.hatenablog.com

2021年5月発売。こちらは140周年記念モデル