欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

希望【シチズン BL5497-85W】の光

CITIZEN 

シチズン

LIGHT in BLACK 2022 GREEN EDITION

世界限定1500本

BL5497-85W

JPY 50,000円+税

主なスペック : Specifications

  • ケース&ストラップ材質:ステンレス
  • Case & Strap Material : STAINLESS STEEL
  • ガラス材質:クリスタル
  • Glass Material : CRYSTAL
  • ケースサイズ:39.5mm : Case Size
  • 厚さ:11.1mm : Thicknessバンド幅:20.0mm : distance btwn lugs
  • 重さ:131g : Weight
  • 駆動方式:光発電(E820)
  • Movement : SOLAR BATTERY
  • 10気圧防水 : 10 bar
  • 発売日:2022年9月
  • Released : SEPTEMBER, 2022

CITIZEN  シチズン LIGHT in BLACK 2022 GREEN EDITION 世界限定1500本 BL5497-85W

BL5497-85W

本日、朝一番にアントニオ猪木氏ご逝去の報に接し

「漆黒の空間から生まれる希望の光」

何かをしなければならないのではという焦燥感

なかなかスタイリッシュ

に似たような気分になって

キリッ

「一日、喪に服すか」

はたまた

「R.I.P」

などと、現在の気持ちをSNS風にブログにて表明しようかなどと自分の内面に目を向けて考えてみると

サファイアではなく無機ガラス

ぎゃあああああああ〜ん

というわけはなく、この気持ち

貴方にはわからんでしょうね!

ということもない。

ただ、猪木氏におかれましては

悔いなし

そんな感じではなかったかと、想像する。

39.5mm

腕時計のサイズ感は、一頃のビッグサイズから一転、今や40mmを切るコンパクトなものが当たり前になっております。

フォレストグレーン。

見ようによっては、ちょっとボツボツがキモい感じはしますが、実際には、全く目立ちません。

もっと深い感じ

深いグリーンが、森の生物の、たくましい生命力を感じさせるという、テーマのシリーズです。

ヘアライン

ブレス全体の筋目仕上げが力強さを、ケース側面やベゼルのミラー仕上げは、生命の希望や明るさを感じさせるようにも見えたり

見えなかったり。

ブラック

ステンレスのブラックIPとフォレストグリーンのコンビネーションは、なかなか見ていて心地よい感じがします。

エコドライブ

光発電により、定期的な電池交換が不要で10気圧防水。

スマホがあるから腕時計はいいやという方でも、ビジネス周りでは、やはりマナーとして腕時計は必要ではないでしょうか。

CITIZEN

シチズン

LIGHT in BLACK 2022 GREEN EDITION

世界限定1500本

BL5497-85W

JPY 50,000円+税

腕時計をしなければならないヤバすぎる理由(ネット記事風)

nakaishu.hatenablog.com

良かった動画もどうぞ

youtu.be

↓↓↓↓↓↓↓インターネットでご購入いただけます。↓↓↓↓↓↓

nakaishu-select.jp

新規会員登録で、その場で使える1000ポイント(1000円相当)進呈 

ふむ。

他人の死について、それほど、深い感慨を覚えないのは、私の父はこの3年間、ベッドにて動けない状態で、言葉もしゃべることができず、ご飯も食べられないまま、唯一、動く両手で、昨日もしっかりと、私の手を握って放さなかった。

その感触がまだ、この両手に残っているからだろう。

父は、辛いのだろうか。

彼が話せないから、わからないのだ。

コロナということもあり週に1回だけに制限された面会で、手を握り

「ありがとう」

ひたすらにずっと、そう言い続けるのである。

(頑張って)

そんなことが言えるわけはない。

(大丈夫?)

聞いても話せないから、わからない。

いいや。

嘘をつくな。

話せなくても、彼が大丈夫ではないのは、ひと目、誰にでもわかる。

時折、激しく咳き込む父を見ると、ギュッと握りしめている己の手がギュッと、己の心を掴むような、そんな激しい気持ちになる。

(もういいよ)

心のなかでは強く、そう思っている。

ただ、もう何も選ぶことの出来ない父に対して、そんな邪悪な言葉をかけたなら、私こそがこの世からいなくなってしまわなければならない。

「みんなが言っているよ。ありがとうって。感謝しているって」

恐ろしいほどに力のある父の両手を握り返して、日常の報告の合間に、何度も

「ありがとうって」

何度も繰り返す。

(もう)

自分に負ける言葉が漏れそうになるのを抑えながら。

私に出来ることは多くはない。

今朝も、介護サービスから

「微熱が続き、レントゲンにて肺炎が続いているのも確認できます」

との報告と同時に、救急の場合の措置について、改めて確認されるが、最大限の感謝の言葉と併せて

「措置について、当初、お願いしたことと変更はありません」

と返事をしたばかりである。

私に出来るは多くはないのだから、誠実に、出来ることを為していく。