欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

冥府の川【GWR-B1000HJ-1AJR】ヤマシロ川

 

あとで このエントリーをはてなブックマークに追加 読もっと!  

父親の微々たる仕事のうちの一つとして抱きかかえるようにお風呂に入れていたあの小さくて人形のような宝物が少しずつ大きくなり、アンヨは上手と手を取り支え、気付くといつの間にか一人で立ってシャンプーは自分でしますけどその間、目を瞑るのが怖いからお父さん、一緒に歌を歌いましょうと云っていた当時小学2年生くらいの子どもとの会話が前回の

nakaishu.hatenablog.com

この商品も出足、絶好調

私たちのやり取りである。

そんな二人っきりの空間ではまた、食卓を囲んだ家族での会話とは違いお父さんらしいところいや漢らしいところを張り切って見せられるタイミングでもあるのだ。立派な漢に育ってほしい、そんな想いが沸沸と胸の内に湧き上がってくる。

 

CASIO G-SHOCK

カシオ Gショック

GWR-B1000HJ-1AJR

115,000円+税

HondaJetコレボレーション限定

主なスペック

  • ケース&ベゼル材質:カーボン
  • 駆動方式:ソーラー電波修正
  • 防錆構造
  • トリプルGレジスト
  • ソーラー電波
  • スマートフォンリンク
  • 20気圧防水

カシオ Gショック GWR-B1000HJ-1AJR

GWR-B1000HJ-1AJR

小型ジェット機の出荷数で3年連続世界一位を達成している本田技研工業の航空事業会社「HondaJet」とのコラボ限定モデルです。

限定本数はいつものカシオ限定と同様に分かりませんし、シリアルはなし。ちっ

f:id:nakaishu:20200717180324j:plain

機体形状のインジケーター針

文字盤を眺めるとまず、この針が目に付きます。

HondaJetの設計・開発責任者である藤野道格氏本人が直接監修を行いました カシオHPより

とのこと。

この機体のデザインスケッチも藤野道格氏が自ら手掛けたらしい。藤野氏のことは全く知らないが、いずれにしろ、何だか凄いな。

f:id:nakaishu:20200717180329j:plain

ピンクの枠内

これは機体のスペックらしい。どうだろう。HondaJet が好きなら、ワクワクするのではないでしょうか。

f:id:nakaishu:20200717180334j:plain

がっつりとしたデザイン

ベゼルには軽くて丈夫なカーボンを使用。G-SHOCKの超耐久性をさらに強化しています。

HondaJetのロゴ

リュウズにもHondaJetのロゴが刻まれています。スティール製のリュウズは、G-SHOCKに高級感を与えてくれる。

ベゼル下の模様

大きなカーボンベゼルに隠れていますが、その下には、ホンダジェットのイメージカラー、ブルーと白を模様が施されていますが、これまた、チラリズム

nakaishu.hatenablog.com

こちらのチラリズムもまた良し。販売完了

他人から見えるようなデザインがダンディズムをくすぐります。

ね?

いいでしょ。単調なブラックに差し色が映えるのです。

カーボンの模様

裏蓋の撮影を忘れましたが、カーボンコアガード構造のため、裏蓋もスティールではなくカーボンが使われています。

トリプルGレジスト

トリプルGレジストとは

衝撃力、遠心力、振動の3つの重力加速度に耐える構造

カシオHPより

ということらしい。

以下のカシオHPでより詳しく確認できます。

g-shock.jp

アナログの時計は、衝撃で針がズレてしまうことがありますが、そうした衝撃を緩和させるαジェルなるものが採用されているらしいから、さらに凄いっぽい。

ということでこの度のHondaJetコラボ限定、飛行機マニアに限らず、おしゃれなデザインで、ああ〜これも欲しいっ

CASIO G-SHOCK

カシオ Gショック

GWR-B1000HJ-1AJR

115,000円+税

HondaJetコレボレーション限定

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

面白かったら1クリック! お願いしますっ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ にほんブログ村 お笑いブログへ

 

 

弱点を、アキレウスのような致命的な弱点を作ってはいけない。

その思いだけなんだ。

「やめてよ!」

そう云う君は、そのアキレス腱付近に感じた生暖かさ、それを何か、お父さんのおしっこなどと思い込んでいるようだが、それは違う、これは汗だ大人になれば、大人になればこそ君が信じられないような大量の汗をこうして、ほら見てご覧、掻くのを勘違いしているのだよ。

「何で汗がそこから出るん、汗じゃないし!」

いいや、落ち着いて見てみなさい。今、こうしてシャワーを流してみると滴がこのように長い部分にほら、集中して流れ出ているのは分かるだろう、大人は体が大きいから、滴もほれ、まだまだこんなに出るぞ。

「どんなに出るんそれは・・・しかも黄色いし」

ああ、お父さんはちょっと疲れているのだろう、腎臓がくたびれると汗や涙も黄色くなるらしいからな。んっ? 何かな、その眼差しは? あ、いいさ、ああいいさ、万一、これが私の汗や涙ではなくオシッコだとしても、それは君のアキレス腱、そうそこにピンポイントで照射したらばあのアキレウスが浸けられたという冥府の川、ヤマシロ川に浸かるのと同じ効果があるとすればどうだろう?

「あるの?」

「ない!」

はっはははー

ぶわっはははー

「やめてよ!」

そんな下品な父親に育てられた彼がいくつの年か忘れたが

「あ〜暑っ、汗掻いた〜」

髪の毛から何から体中、びしょ濡れで起きてきて

「シャワー浴びよっ」

と風呂場に駆け込む姿に強烈な違和感を感じたのだろう寝室に駆け上がった妻の

「ぎゃー」

という悲鳴と

「こおおおらああああっ!」

地を裂かんばかりの息子を呼ぶ声はなかなか壮絶なものがあったな。罪の意識を多少感じた私は、冥府の川に全身浸かり不死身になって帰還したアキレウスが、夏の日の照り始めた朝のベランダに布団を干してシュッシュ、シュッシュとスプレーを撒くのをしんみり手伝った思い出があるが、そんな我が子もスクスク元気に育ちました。

さあ、夏だ。夏が、夏休みが来る!

神経質な世の中を、汗と涙とくだらねー話で吹き飛ばそー!