欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

リフレインが【セイコー SBDC101 プロスペックス】叫んでる

 

あとで このエントリーをはてなブックマークに追加 読もっと!  

「いや、暴飲暴食で腐れたお客さんの肝臓の話ではなく・・・」

焼き鳥屋「牛海」の大将、山岡氏が聞きたかったのは鶏のレバーは好きかどうかということで、火の通り過ぎたレバーというのはボサボサという触感になり、さらに苦味も強くなる。それでは

「残念じゃないですか?」

ということだった。

以下より続き

nakaishu.hatenablog.com

久々に「美しい」MOPを見ました。

角栄養が豊富なレバーを美味しくいただいてもらいたいので当店では新鮮なレバーの表面をさっと炙ってレアで仕上げています。

大きな体に似合った朴訥な調子ながらも理路整然とした語り口から発せられた

『硬いレバーは残念じゃないですか』

というリフレインが脳内で嬉しそうによだれを垂らしながら叫んぶのだ。

『残念じゃないですか』『じゃないですか』『ないですか』

引き込まれるように注文したレバーを一口、ボソボソという私は嫌いではないあの触感など皆無で、齧ったレバーの表面に一瞬、ほんのりとした苦味が感じられたかと思った瞬間、弾けるようにプリッとした食感が口の中で広がり、タレの甘みにレバーのまろやかさが絡み絡まれ、これこそあのグルメ漫画における稀代の名セリフ「シャッキリ●●」という言葉が合いそうか、いやいや違う、剽窃のようなことを一度もしたことのない私に神よ、もしもし神よ神さんよ、この食感の適切な表現を与え給え。

レバーの一串を瞬時に呑み込み、口の中に残る余韻にさらば、一期一会だと名残なくビールで流し込み、カウンターの上にひざまずき祈る思いの私のもとにそれは舞い降りた。

来たっ!

 

 

SEIKO PROSPEX

セイコー プロスペックス

SBDC101

130,000円+税

グローバルコアショップ取扱限定

こちらは数量限定商品ではありません。

主なスペック

  • ケース材質:ステンレス
  • ガラス材質:サファイアガラス
  • 駆動方式:自動巻き(手巻き付)
  • 最大巻上時70時間持続
  • 防水性:200m潜水用防水

セイコー プロスペックス SBDC101

SBDC101

忘れておりました。こちら、6月末に発売された商品、SBDC101のご紹介です。

国内配分は売り切れてしまった数量限定モデルSBDC107

 

セイコープロスペックス SBDC107

SBDC107

の通常モデルとなります。

nakaishu.hatenablog.com

超人気の数量限定モデルでした。

SBDC107との違いは文字盤や針の色で、ケース、ブレスレットは全く同じですので、この度のエントリーでは、文字盤を中心にご紹介したいと思います。

SBDC107はもうゲットできないものの、SBDC101も十分に魅力的なモデルですので、ご検討いただきたいのでございます。

また、101と同時に発売された色違い、シリコンバンドモデルのSBDC105は

SBDC105

こんな感じ。

nakaishu.hatenablog.com

私とあいつのZOOMプロジェクトも楽しめます

こちらも現在、超売れ筋人気モデルです。

ベゼル側面の刻みの機械感

やっぱりこの一連のモデルは、機械的で格好いいです。

ベゼルのマットブラックな仕上げ

関連モデルのエントリーを投稿してじっくり眺めていると、本当に細部にまで拘っているのがわかります。

文字盤の色

チャコールグレーという感じでしょうか? 私の環境で現品と近い色合いに加工しているのですが、こればっかりはなかなか。

105は焦げ茶な感じなので、こちらSBDC101の方が、一般的?な感じでしょうか。

ケースサイド

ケースサイドに一部、鏡面仕上げで線がいれてあるのがわかると思います。こうしたちょっとした手間が、時計に大きな動きを与えてくれます。

次回、ご紹介するオリエントスターの防水時計と比べると、ここら辺りの手間のかけ方が違うのです。ここまで拘ってほしい、という素晴らしい例がこのSBDC101。

3時側

マット仕上げと鏡面仕上げのコンビがきれい。こうしたことなんだよなあ、大変だろうけど。

キリッ

すごく引き締まった時計に見えます。

カジュアルでもビジネスでもいける防水時計で、15万円を切る価格。

まだ最後ではありませんが、云いましょう

「あ〜欲しいっ!」

おとなし目の文字盤

SBDC105と比べると少しおとなしめ。主張しすぎない文字盤は、コーディネートに安心です。

ルミブライト付

現物だと、ルミブライトとはほんのもう少し緑色がかっているように見えます。

かあーっ

これだよこれ。

欲しい!

んですが、個人のブログなので個人の意見を言います。私は凄く迷います。

何を迷うか?

SBDC101と105です。

105はシリコンバンドのモデルですが、私は105の文字盤やインデックス、針の色合いが好きです。ですので、私ならSBDC105と併せて、SBDC101のステンレスのブレスレットのみを購入して、状況に応じて付け替える。

ゴールドが入ったSBDC105は私のどストライクなのです。

みなさんはどうでしょう? 迷いますよね。どうぞ、店頭で実物を見て、大いに悩みましょう。

買い物は、悩んでいる時が一番、楽しいのです。

あ~欲しいっ! 

SEIKO PROSPEX

セイコー プロスペックス

SBDC101

130,000円+税

グローバルコアショップ取扱限定

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

 



「プリッとまろ〜ん」

ああ、これだ!

「噛むとプリッと口の中でまろ〜ん」

レバーのほんのりとした苦味と旨味、それに微妙なタレの酸味と甘味が交わりながら口内でトロ〜リと余韻を残しながらゆっくりと消えていく。このタレの絶妙な配合そして深い味わいは、これこそはまさに10年ものだろう。

「大将、このタレは?」

「タレは研究を重ねて旨味を最大限に活かすよう、毎日注ぎ足し注ぎ足し、です。難しい。でも、まだ一年も経っていませんから、これからが楽しみではあります」

「なるほど」

ああ、そうだろうそうだろう。少し味わいに若さがあったと思ったが、そういうことか。

いつの間にかカウンターの上で正座をし、図らずもその膝を打った自分に気付くが、どうやら大将はまだ、気付いていないだろうと目を合わせたまま、後退して着席し

「それな」

と云ってみるものの、すぐに何でも興奮して思いついたあることあらぬ事をでっち上げ自分を適当に偽って納得させるのはいつもと変わらない。

くそっ。

もうここまで来て、話を収束することは不可能か、グルメ投稿を連作にしてみたものの風呂敷を広げ過ぎてしまったという後悔がチラリと脳裡を掠めたその時、あの漫画の

『旨いのはトマト自身の手柄じゃないか、作った人間が偉い訳じゃない』

名セリフが浮かぶ。

これだ。

いや、そんな風に云おうものなら私の命の保証は今宵、この場所で消滅するだろう。喉まででかかっている言葉を飲み込んで

「大将、どうでしょう?」

と物腰の柔軟性を十分に発揮する雰囲気で

「もう少し、大将の手がかかった食べ物を」

十分に失礼なことを云ってみてギロリと睨まれ後悔するが

「では、つくねはいかがでしょう?」

大将、山岡氏は非常に心の広い男である。

次回)最終回、ふーう、やっとかよ。

面白かったら1クリック! お願いしますっ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

以下へ続く

nakaishu.hatenablog.com