欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

夏休み【グランドセイコー STGF265】の思い出

子たちの夏休みがやっと終わって親としては何事もなくホッと息をつく感はあるものの、当の子たちは何事もなくどこにも行けず、感染者数の増加に比例して身動きが取れない感が強まっているのかも知れない。

「友達が来たいって」

当家は、友達を呼んで来るのは大歓迎で、上の子が小中学生の時もよく友達が遊びに来ており、下の子もそれに倣って、友達を呼んで来るようになって夏休みに入ってすぐに、5、6人ほどが来て

「こんにちは〜」

声変わりしたばかりの、聞いているこちらの喉の辺りが痒くなるような声で挨拶をしたあとは、階下では何がどうなっているのか、ワチャワチャ、ゴロゴロと遊んだりジャレたりしているような様子が聞こえていたかと

「ありがとうございました〜」

時間の経つのは早いらしい。

みんなが帰った後、満面の笑みで

「楽しかった〜」

と云う子はすぐさま、誰に似たのか人の顔色を伺ういつもの様子で

「来週、約束したけどいいかなあ?」

と尋ねられたからオッケーをしたばかりのタイミングで、鳥取でもクラスターが発生し、感染者が急増してどうやら、これでは無理だろう。

人の顔色を伺うのに嫌気の差した中年のつもりだったのだが、さすがに

「市内、なかいしう家でクラスターが発生しました。現場からは以上です」

などと報道されるとヤバいかな。

いや案外、大丈夫じゃないか。

女房は常識のある人である。

「やっぱダメ」

ということになったわけである。

それからしばらく、何回かお願いされたものの、改善しない現状では駄目なものは駄目だろうということなのだが、よく考えれば、もう2度とない中学の夏休みに、友達と遊べないというのは、本人たちにしてみれば、そりゃあ何とも辛いというか、憤懣やる方ないに違いない。

「ちくしょう!」

どこからか聞こえてきた悪態は、私たち親の心の叫びでもあるのだ。

 

 

GRAND SEIKO

グランドセイコー

STGF265

230,000円+税

主なスペック

  • ケース&ストラップ材質:ステンレス
  • ガラス材質:サファイア
  • ケースサイズ:28.9mm
  • 厚さ:8.7mm
  • 重さ:71.0g
  • 駆動方式:クオーツ(4J52)
  • 10気圧防水

グランドセイコー STGF265

STGF265

グランドセイコーの、息の長いレディスSTGF265のレビューです。

シンプル

まさにシンプルとしか言いようのない見た目が特徴のSTGF265です。

デザイン文法

如何にシンプルな表現にするか、グランドセイコーのデザイン文法を具現化したモデルに違いありません。

何も引けない。

文字盤上のテクストも

GS

Grand Seiko

のみ。

ブレス

3列のシンプルなブレスレットは、駒一つ一つの角がキチッと取ってあり、引っ掛かりがあろうはずもなく、優しい手触りが装用感を高めます。

nakaishu.hatenablog.com

このブレスの感触が、柔らかくもヒンヤリとしてサイコーという。

STGF359

こちら、上記リンク先エントリーでレビューしております通称「雪白」のレディスです。

白い文字盤とブルーの秒針が特徴です。

どうやら両者は文字盤違いのようです。

どちらか悩む。

どちらもシンプルな美しさが特徴で、うむ、悩みます。

長いカン足

スラリと長いカン足も、素敵です。

厚さ8.7mm

重さ71g。

ただ、数字以上に、装用している感じを感じさせない優しい仕上げは、是非、店頭で実物をご試用ください。

裏面

こちらはまた、機械的な様子が伺えて、なかなか気持ちいい。

こんな感じ。

あああ美しい。

錆びた画鋲との比較のせいで、より美しく感じ、るのでしょうか。

キモい

ちょっと女性っぽいモデルのように流麗な手付きができないかと装用してみましたが、なかなかキモいです。

豚の手みたい。

というわけで、私の豚の手以外は、何と素晴らしくもシンプル一徹、これは是非、この潔さを店頭で実機を触ってご確認いただきたいのですから、中井脩でお待ちしています。

動画もどうぞ

youtu.be

楽しんで頂けたら、1クリック! お願いしますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

初めて動画を投稿したエントリー

nakaishu.hatenablog.com

商品についてなど詳しくは、 

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

担当 拓 尾 まで

ご連絡お待ちしています。

 

 

「ちくしょうw」

トイレの方から聞こえてくるそんな悪態に、多くの親も同様に心を痛めているのだろうと考えると、胸に熱いものが込み上げてこようかという矢先

「ぎゃはははは」

アホ面が浮かぶ笑い声が聞こえてくる先のトイレに行ってみると

「オレの勝ち!」

子2のガッツポーズと

「ちっ」

舌打ちを打つ子1の楽し悔しそうな顔に出くわしので、どうしたのか聞いてみると

「こいつがwww」

子1が云うには、子2により提案された、便座を上げずに見事、便座上に飛散させないで小用を足した人の勝ちという

『便座チャレンジ』

をしていたのだというから、子供というのは、まさに遊びのプロフェッショナル。どんな状況でも面白おかしく過ごせる無垢な魂というのは何と貴いことだろう。何ごともがんじがらめ、物事を4Kだか何だかの画像で捉えたようにちゃちゃっと修正して喜ぶだけの金満な大人にはない、自由な精神。シューティングゲームを禁じられた我が家にあっては

nakaishu.hatenablog.com

「死ねぇ〜」

これこそが、まさしくFPS、ファーストパーソンショーティング。

楽しいではないか!

「楽しくないわ!」

女房の激怒からの家族会議でその後、私たち男性陣はあの屈辱的な格好で小用をしなければならなくなったわけである。

その顛末を周りの人たちに話したら

「コロナだしな」

「うちはだいぶん前からです」

「いやあ、氵𦰩も黙って便座に座れ、か」

大方は同情はするが、やむを得ずというところのなか

「オレは座って小用をするなどムリ。無理ですね」

木村みのるは一人、言い切った。

「だよなあ」

彼の素直な賛意に少しばかり驚くのも束の間

「いや、物理的に無理なんです。大の時は、ヒョイとつまんで持ち上げればいいのですが、小の時は便器に、下に溜まった水にティンポが、着水しません?」

「えっ?!」

驚いたのは私だけではなかったはずだ。

「そ、そんなバカ、デカ」

私の言葉を遮るように

「あれ、ブログに女性の手首と同じ太さだとか何とか書いてありませんでしたっけ、ねえ、みなさん?」

「ストラップ素材:ティッシュ」???

nakaishu.hatenablog.com

茶化す木村の口ぶりに乗って、回りのみんなはどうするか。

笑うのだ。

私は違うぞお前とは、大きいぞ。

そんな意味を込めたいはずだ。

(馬鹿な)

「あ、あれは丁度、象にネックレスをするようなイメージで」

呆然としながらも

「珠回りも入れた太さの」

「ぐわはははは」

釈明しようとする私の惨めな声は馬鹿笑いに封殺された。

「ぐぐぐぐぐぐっうううう」

木村。覚えていろよ。あああ、見てろ。

この恨み、いや、この夏休みの思い出は忘れないってな!

続・・・かないと思います)

楽しんで頂けたら1クリック! お願いしますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ