欲しいっ 中井脩ブログ

時計屋の商品紹介・・・以外は全て作り話!

女性読者獲得プロゼクト【センチュリー日本限定】始動!

 

あとで このエントリーをはてなブックマークに追加 読もっと!  

当ブログに掲載している時計は圧倒的に男性用が多い。時計の需要は、今、男性の方が高くて、自然、メンズウオッチの種類が多く、掲載する時計も増えるということにもなるわけですが、ただ、レディスウォッチも、一点豪華主義というか、素敵な時計をご装用いただくと、それだけでオシャレ感が大幅にアップするアイテムであり、例えば、テレビ番組でフリップを指し示す女性アナウンサーの手元には、おシャレではあるけれど派手すぎない時計がチラリと見えたりするものである。私の観察している限りだと、女子アナのカルティエ、タンクフランセーズ率はかなり高いのではないだろうか? 当社は残念ながらカルティエは現在扱っていないが、女性メインのブランド、また、レディスメインでなくても素敵なレディスウオッチは沢山あるので、このブログにおいても、これからはガシガシ、紹介しようではないか、そして今までのようなどちらかというと汗臭いイメージではなく、10%程度は男性より匂いの少ないらしく、消費税率との関連性の検証が待たれる女性っぽい匂いかぐわしいブログに変えていこうという女性読者獲得プロゼクトの第一弾としてご紹介するのが、そう、センチュリー!

これは、以前から画像を撮っていて、いつ掲載しようかと考えていた商品であるものの、今まで掲載するに至らなかった理由としては、まあ、何だろうな。

 

センチュリー

CENTURY

レディス

日本限定20本

370,000円+税

クオーツ

100メートル防水

ガラス素材:サファイアガラス

センチュリー 日本限定20本

センチュリー 日本限定20本

初めての紹介となるのですが、女性をターゲットにしたブランドです。

特徴としては、人工のサファイアガラスで時計の前面を覆っています。そのことにより、本体側面などにも傷がつかず、商品の陳腐化が防げるというわけです。

側面までサファイアガラス

リューズは18Kです。

クオーツなので、厚みはありません。

真っ黒、黒すぎらあということはない

カットされたサファイアガラスのジュエリー感がひときわ輝いて美しい。

しかし、派手すぎることはありません。

12ポイントのダイヤモンドも、控えめ

センチュリーは、着物とあわせてご装用できる数少ない時計ではないでしょうか。

汚れが・・・

径は20mm。女性用の時計としては普通サイズ

100m防水

女性用高級ウオッチでありながら100m防水は珍しいです。

汗っかきという方でも、安心。

しなやかなブレス

細かい編みブレスなので、様々な手首にしなやかにフィットします。つけ心地は最高

どうです、このブレスレット

きれいでしょう。革のように見えますが、ステンレスにブラックコーティングなのです。

革の傷みやすい夏でも、また、シルバー色のステンレスではちょっと寒々しく見える冬でも、ご装用いただけます。お着物とあわせてシックに着こなせます。

センチュリー

CENTURY

レディス

日本限定20本

370,000円+税

商品についてなど詳しくは、 

担当 たくお  まで

お問い合わせフォームはこちら

電話 0857-23-5221

株式会社 中井脩

鳥取市栄町623番地

ご連絡お待ちしています。

 

 

今回ようやくセンチュリーを掲載することになったのは、上記、女性読者獲得プロゼクトがその主な動機なわけだが、木村みのるから送られてきたメールにも少なからずその要因はある。

nakaishu.hatenablog.com

木村の気持ちがわかってきたような

その中で、「センチュリーをズーズー弁で発声するとどうなるか」というような記述があり、私には思いも寄らない発想に驚愕すると同時に何か同類に対する憐憫のようなものを感じもした。つまり、私がこうしてセンチュリーの時計を紹介するのを先延ばしにした深層心理には、紹介している間に木村と同程度の下らないことをハッと思いついて、どんどん怪しい方向に話がズレてしまうのではないか、

 

nakaishu.hatenablog.com

さあ、諸君、このエントリーを読んで、立ち上がろうではないか!

そうでなくても「素敵」「かわいい」「ライフハック」などとは程遠く男臭さしか特徴のない当ブログがさらに、汚らしい1ページを増やすことになりはしまいかという危惧があったからなのかも知れない。そんなことをふと、改めて考えさせられたメールだったのだ。

そこで、木村のメールによりその門戸を叩かれた我が深層心理、その奥底にわだかまる思いを紐解くために、まずは、ズーズー弁に関して調べてみた。

ズーズー弁とは、青森津軽弁などで有名な東北弁や出雲の雲伯方言、富山弁などに共通して存在する「し=ち=す=つ」とその濁音「じ=ぢ=ず=づ」の八音(というのか)の区別がない方言ということのようだ。ちなみに、出雲、東北という離れた二つの地域で似た方言を話すというのは大いに日本語方言の研究材料になるらしく、現在では、これらは出雲言葉が起源になっているのではないかというのが有力な説らしい。こう文字にしてみると難しいが、ああ、あの志村けんさんが変なおじさんなどのおじさんキャラで「すんずれいしますた」と使っていたのもズーズー弁に近いと云えば、わかりやすいのかも知れない。

とここまでを読み返してみると、おいおい、何だかライフハックのブログみたいだな、よしよし。

そんなズーズー弁出雲弁を使う出雲の時計店ではどんな接客がなされているか、さらなるライフハックとして、気になるっちゃあ、なるのではないだろうか。

以下、私の想像ではあるが、それぞれみなさんの脳内で「センチュリー」を中心にズーズー弁で変換してもらいたい。

 

「女性用の時計を探しています。センチュリーを見せてもらいたいのですが」

センチュリーを! ありがたき幸せ、では今ここで」

そんなことは云わない。まずはセンチュリーのコーナーに案内するのだが、そうだ、以前「所作」のライフハックでご紹介した

nakaishu.hatenablog.com

抗体の永久機関についても、わかりやすく解説しています

業務における素晴らしい所作、いや、業務そこのけで所作しかしないというT氏に登場してもらい、早速、

「あちらでございます」

スサァーっと大袈裟に手を伸ばしてその胸元に透けるAC/DCというロゴTシャツに臆面もなく、半身で胸を開いてお客様をセンチュリーコーナーに誘う。

「素敵なセンチュリーですねー」

「ありがとうございます。この真っ黒な感じ。黒すぎるということはございません。

nakaishu.hatenablog.com

こちらは日本限定20本のセンチュリーです」

「日本限定?! 20本? 一日に?」

「んっ?」

「いえ、すみません。このセンチュリーを試してみてもいいですか?」

センチュリーを試す?! ありがたき幸せ、では今ここで」

どうだろう?

そんな接客を受けるためだけに、出雲に出かけてみるのもアリなのではないだろうか?

こんなのが今、世の中で一番、期待されているフレッシュで可愛い〜感じのライフハックブログだと思った方、1クリック! お願いしますっ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ にほんブログ村 お笑いブログへ